台湾ドルの為替レート 台湾旅行に必要な知識

台湾の現地通貨は?台湾ドルと日本円の為替レートについて

更新日:

台湾では「台湾ドル」という通貨が使われています。

これは「ドル」とも違いますし、中国本島で使われている「元」とも違うものです。

台湾独自で使われている通貨ですので、ドルとも元とも為替レートが異なります

日本円と台湾ドルとの為替レートと、台湾ドルの硬貨についてまとめておきましたので、台湾旅行のショッピング時に参考にしてみてください。

台湾ドルの呼び名

実は、台湾ドルの名称は様々あります。これが結構ややこしい…

正確に言うと、ニュー台湾ドル(New Taiwan dollar/NTD/NT$)、もしくは新台湾ドルが正式名称になります。

ニュー台湾ドル - Wikipedia

でも、台湾のお札には「(ユエン)」と記載されています。しかも、台湾現地の人は圓(ユエン)の代わりに「塊(クァイ)」と言っています。

 

『じゃぁ、台湾ドルってなんなの?誰も使ってないじゃん。』

 

ってことになるんですが、これは台湾人ではない外国の人が、台湾のお金を指していう名称ってことですね。

台湾でショッピングするときは、直接お金をみせて説明するか、「タイワンダラー」といえば伝わるので、台湾ドルの名称を全て覚える必要はありません。ご安心を。

台湾ドルの種類(硬貨)と為替レート

台湾ドルの硬貨の種類

台湾の通貨・為替レート |【地球の歩き方】海外旅行情報

台湾ドルと日本円の為替レートは、1台湾ドル≒3.7円です。

大体、台湾の商品価格を3〜4倍すると日本円での価格になります。台湾の硬貨と紙幣は、上画像の通りです。

日本円の場合、紙幣は1000円・5000円・10000円の3種類しかありませんが、台湾の場合は5種類もあります。この辺は混乱するかもしれませんが慣れましょう。

どうしても台湾ドルの扱いが苦手であれば、クレジットカードを利用するようにしましょう

台湾では国際クレジットカードブランドのVISA・MasterCardだけでなく、日本のクレジットカードブランドのJCBが使えるお店も結構あります。

VISAかMasterCardブランドのクレジットカードを持っていけば、お金の計算に煩わされることはありません。

ただ、やっぱり下町のお店などは現金払いしか対応してない場合もあります。ですので、空港でかならず日本円から台湾ドルに換金しておくようにしましょう。

台湾で使えるおすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード記事で紹介しているクレジットカードは海外旅行保険付きです。また、VISA・MasterCardブランドを選んで作ることができます。

年会費は無料ですので、作ったままほったらかしておいても大丈夫。クレジットカード維持費はゼロ円です。

しかも、ポイント還元率が1%(もしくは1%以上)ですので、台湾でお得にショッピングできます。

不正利用検知サービスもついていますので、もしクレジットカードをスキミングされて不正利用されたとしても大丈夫。

すぐにクレジットカード使用不可になり、不正利用された金額は無効になりますので安心です。

台湾旅行にいくなら持っておいて損はない(というか持っていったほうがいい)クレジットカードです。

クレジットカードの画像
台湾旅行におすすめのクレジットカード3選(年会費無料・海外旅行保険つき)

台湾旅行にいくなら、海外旅行保険つきクレジットカードを持っていくようにしましょう。 たとえ一泊二日〜二泊三日の短期旅行であっても、何があるか分かりません。 もし、旅行中にケガや事故があっても、海外旅行 ...

続きを見る

-台湾ドルの為替レート, 台湾旅行に必要な知識

Copyright© 台湾旅行おすすめブログ , 2021 All Rights Reserved.